転職の面接では履歴書の志望動機が重要です

今転職をする人はたくさんいます。今の職場よりも条件がよい会社に勤めたいといった場合やより近い会社に勤めたいなど、転職理由はひとそれぞれです。
転職をするときに必ず必要なのが履歴書です。履歴書は自分を表すものなので簡単に書くのではなく内容を吟味してから書く必要があります。その中で面接のときに特に重要とされるのが志望動機です。なぜ自分の会社を選んだのか、会社ではどのような仕事をすることができるのかといったことを会社側が考える重要なポイントです。志望動機がどのように書かれているかで採用されるか、不採用であるかが決められてしまう場合もあります。
そのため自分が伝えたいことを凝縮し、丁寧に書く必要があります。パソコンで書くのではなく自分で実際に書いて提出する場合は1文字1文字丁寧に書きます。字を見ることでその人がどのような人かといったことも判断されます。
またその他の項目も丁寧に書き、写真館で撮影した証明書をはります。
面接する前に採用するかどうかといったことは大体が決まっています。そのため最初のアピールポイントとして自分の考えや職歴を丁寧に記入していくことが必要です。
面接に行くときは服装に気を付け清潔感を大事にします。

 

仕事旅行


このページの先頭へ戻る