転職の面接では逆質問もできる

転職の面接では、基本的に担当官から聞かれてもいないことを話すことはマイナスポイントになりますが、例外もあります。
それは「何か聞きたいことがありますか?」と、担当官に言われたときです。
こうした場合には逆質問されることが許されるのであり、その場を活用して、いくつかの質問をこちらから投げかけることができます。
ただし、質問する内容によっては相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。
したがって、逆質問でどんな内容を問うかについて、前もってシミュレーションしておくとよいでしょう。
転職先の企業が求めている人材はどんなものか、それをよく察知して、それを踏まえたうで質問内容をチョイスすることができます。
質問することによってかえってふさわしくない人材だと思われるなら、とてももったいないことです。
したがって慎重に質問内容を考慮しておきましょう。
もちろん、質問の仕方も重要です。
上から目線で問いただすような言い方は良くありませんし、かといっておどおどした言い方も好感をもてません。
節度を守った言い方で、謙遜な態度を示しながら簡潔に質問するのがよいでしょう。
どんな質問をするにしても、あくまでもこの会社に貢献したいんだということが伝わるような形にしなければなりません。

 

転職 NAVERまとめ


このページの先頭へ戻る